WebhookでSlackに通知する方法

BaltoをSlackと連携させることで、更新情報などをリアルタイムで通知できます。   
ここでは、Slackと連携する手順についてご案内いたします。 
こちらのページでは、トリガーとなるイベントの種類とパラメータの詳細についてご説明いたします。
Slackとの連携は、オーガナイゼーションのアドミン権限・コラボレーター権限のアカウントが対応可能です


Webhookについて

SlackとBaltoの連携には、Webhookを使用します。
Webhookでは、サービス上で特定のイベント(コメント投稿とか削除など)が発生した際、外部サービスにHTTPで通知を送る設定を可能にします。通知を送信するトリガーのイベントが実行されると、Webhookで設定済みのURLにHTTP リクエストにてパラメータがPOSTで送信されます。

操作手順

Slack側の設定(Incoming Webhook URL を取得する)

  1. SlackのWebサイトにアクセスし、画面右上の「Manage」をクリックします。
  2. Manage 内の「Custom Integrations」をクリックし、Custom Integrations の中から「Incoming Webhooks」をクリックします。
  3. 「Add Configuration」をクリックします。
  4. 接続するSlackのチャンネルを選択し、「Add Incoming WebHooks integration」をクリックします。
  5. Integration Settings 項の 「Webhook URL」にある「Copy URL」をクリックしてコピーします。(Balto側の設定で使用します)
  6. 「Save Settings」をクリックするとSlack側の設定は完了です。

Balto側の設定

  1. プロジェクト名(以下の画像では SPASEARCH )をクリックし「Webhooks」をクリックします。
  2. 「Create a Webhook」>「Slack」の順にクリックします。
  3. Slackとの連携に必要な情報を入力します。
    1. Slackと連携するWebhookの名称を入力してください(半角英数、アンダースコア( _ )、ハイフン( - )
    2. Slack側の設定で取得した Incoming Webhook URL を入力してください
    3. このWebhookのトリガーにしたいイベントにチェックを入れてください
      ※イベントの詳細については こちらのヘルプページにアクセスしていただき、Triggerの欄をご参照ください
    4. 「Active」のチェックを外すと、設定したアクティビティが発生してもSlackには通知されません
  4. 「Save」ボタンがアクティブになりますので、でクリックします。
  5. 「Create a Webhook」のボタンの下に追加され、アクティビティが発生するとSlackに通知されます①:「Active」のチェックを外すと、設定したアクティビティが発生してもSlackには通知されません
    ②:対象のWebhookを削除できます
    ③:Webhookの設定を変更する画面に遷移します

英語版の記事はこちらからご覧ください https://balto.helpscoutdocs.com/article/152-webhook-balto-notifications-sent-to-slack

もし解決しない場合 お問い合わせ お問い合わせ